home >  コンサルティング >  ISOコンサルティング >  JIS Q 15001 プライバシーマーク
シスウエイのコンサルティング・サービス

JIS Q 15001
プライバシーマーク

個人情報の流出・漏洩時の企業へのインパクトは非常に大きく、会社存続の危機を招きます。
例えば個人情報が流出・漏洩すると次のようなリスクが顕在化すると考えられます。

2005年4月には「個人情報保護法」が施行され、個人情報の流出は罰金や処罰など法的リスクをも負うこととされました。では、個人情報保護法の対象に該当する会社とはどんな会社でしょう?

5000人を超える個人情報を扱っている事業者が対象です。

また、判断のポイントは目次や索引がついたり、50音順のように整理・分類されていて、他人が容易に検索できる状態になっていることです。例えば 営業部全体で5000枚以上の名刺がある場合でも、名刺が未整理でばらばらの状態になっている時は「個人情報取扱事業者」としては扱われません。50音順 のように検索しやすく整理されている時に、「個人情報取扱事業者」とみなされて個人情報保護法の対象になります。

個人情報保護への対策はもはや企業にとっては避けて通れない大きな課題となっています。そこで、企業内の個人情報保護対策をどのようにするか、また対策を講じている事実をどのように顧客にアピールするのか、それを解決するのがプライバシーマーク認証取得です。

プライバシーマークとは?

プライバシーマークのコンサルティング

プライバシーマーク認証取得はシスウエイにお任せ下さい。

コンサルティング内容の一例

お客様のもとに、月に1~2回の頻度で経験豊富な当社のコンサルタントが伺い、以下のような手順でシステム構築を進捗させます。

ISO JIS Q 15001 フロー

コンサルティング期間と料金・お支払い

プコンサルティング実施期間と料金は、お客様と入念に個別相談(無料)を実施させて頂いた後に算出して、お見積もり書をご提示いたします。ぜひ、お気軽にお申し付け下さい。

ページの先頭へ